パート主婦のキャッシングと総量規制の関係

最近では夫婦共働きと言う形で生活している方は多くなります。夫の給料だけでは貯蓄にまで回せないと言う方や、老後の為に少しでも多くのお金が欲しい方などはパート主婦として働きに出るケースが多くなります。

しかし、それでも冠婚葬祭や事故などで急にお金が必要になる事があります。その様な時にはパート主婦でもキャッシングを考えるのですが、この時には総量規制が一つのポイントになります。

この総量規制とは申し込み人の年収の三分の一を超えて貸し付けしてはいけないと決められた法律で、貸金業者はこの総量規制を守らなくてはなりません。なのでパート主婦が月に7万円稼いでいるとしたら単純計算で年収はおよそ84万円となり、総量規制によって限度額は28万円となります。

さらにこの限度額いっぱいまで貸し付けされるケースも少なく、一般的には10~15万円程度が限度額になっている事が多くなります。したがって、もっと多く借りたい場合には他の方法を選ぶ必要があります。

それは総量規制が適用されない銀行系カードローンを利用する方法で、貸金業ではない銀行は総量規制と言う縛りがありません。なので上記のパート主婦でも30万円借りられるケースがありますし、条件次第ではさらに高額の借り入れも可能になるとされています。